FC2ブログ

宝石少女46話、できました

年始を挟んで色々別のことをやっていたのでとうとうペースが乱れました。
一日だけですが、やっちゃった感。
信仰戦の方も空き気味なのでペースを戻したいですね。

でも色々やりたいこともあるというジレンマ。
そういえばポケモンの新作が3DSで発表されましたね。
DS版とかのをまた移動できるんでしょうか…。
個人的には一度リセットするのも有りなんじゃないかなぁと思ったりもします。
過去作じゃないと捕まえられないポケモンも多いですし。
しかし3Dになったって事はあの変に気合の入った(トレーナーの)ドット絵が見れないって事じゃないですか、やだー!
まぁ、何はともあれ楽しみです。

で、新作をぺったんこ



久々な気がする小さい?ターニングポイントも発生でネタバレラッシュでございます。
そのため解説する事があんまりないような。
シーン1:アマラ経絡でキャッキャウフフ
とりあえずサラシナさんがデレてる気がする。
緋想の剣についてですが、補助装置といっても巫女の力に対してというよりは霊力そのものに対してです。
霊力を使いやすくするための魔具といった感じでしょうか。
特性として地震を起こしたりも出来ますが。

これまで散々触れそうで触れなかった『比那名居』について今回からがっつりと。

因みにサラシナ達と違い、人修羅やダンテ、ピクシー達は本人がそのまま永い間眠りについていたためある程度記憶が劣化している部分があります。
サラシナ達は肉体が無く、魂だけの存在とも言える形で生きてきました。

シーン2:ターニングポインッ
色々とやれるイベントや後回しに出来る(後に回すと戦力的にしんどくなるかもですが)ものがあるのでTPの形をとりました。
おい、味方少なくね?1枠かYO。
その分、名前有りの敵は多くないわけですが…。
パターンで出てくる悪魔の名称を見れば何かついてきそうな気がしなくもないけど。

で、初手な訳ですが、その前にストーリーの本筋とは関係のない点について一言。

ステージって凄い困るね!!
森や山など、自然のステージって多いようであまり多くないんですよね。
KOFとかだと近代的の場所だし、田舎っぽい所でも人がいたりで。
学園ものとか、狭い範囲でのフィールドだとあまり困らないのかもしれませんが…。
我ながらでかい風呂敷で始めたものです。
たためたため!


で、初戦がアリーマーとクロウベアなわけですが、逆転されたときは『ファッ!?』ってなりました。
圧勝か圧勝かと思いきやいきなり追い込まれるとは。
因みに妖怪退治などはよく天子&衣玖のコンビでやってました。

そして二戦目、まさかの天戸さん。
何も弄らず戦わせて普通に勝つとかやっぱり強いですね、この子…w
ここでは天子側の援軍として登場しましたが、展開次第では勿論敵として登場してます。
1戦目が衣玖ナコ勝利だったら恐らくそうなってた事でしょう。
あと、天戸さんの顔グラを古い天戸から拝借して、天子を参考に少しばかり表情差分できるようにちょっと頑張ってみました。
鈿女もそうですが、表情差分があるとやっぱり何かいいですね。

初めからやれという本音のぶつけ合いがようやくここで。
天子の言い分としては天戸に力を使わせる、宿らせるのは危ないから。
天戸の言い分もある意味全く同じなんですよね。
単純に両方とも自己犠牲の精神というかなんというか。

天子ちゃんが外伝1話では『お父様』で今回『お父さん』だけど気にしちゃダメです。
違う呼び方する時だってあるさ…。
同じ意味を表す言葉がキャラごとに違ったりするから自分で完全には把握できてn…
天戸からしてみれば天子に自身の体質の事を言うのは余計なお世話という奴ですね。

尚、天子が巫女になった当時は、今回語っている巫女の力云々の事は全く知らなかったので特にいう事もなく、元気な天子の方が向いているだろうと天戸は思ってました。

3回目の遭遇はまた悪魔パターン。
中々引きがいいといいますか、一戦目の敗北結果がいい方向に転んでいる気がしないでもないですね。
初の姉妹協力戦ですが、中々良いコンビネーションで。
天戸一人でもいけた?何のことやら。

…そしてやっぱりいた鈿女さん。
遭遇相手として天戸(鈿女)という形です。
他にも表記してない所に隠れている輩がいるかもね。
Pロンとか。


シーン3:ハートフル
また図解しようと少し考えたけどまとまらずに諦めたシリーズ。
世界についての解説続行で巫女の事について。
ここの説明進行と実際に動きがある陣営での進行をリンクさせるのが地味にしんどいという。
淑女組は相変わらずの平常運転です。

ここで、巫女の事について補足というか幻想郷の事というか、まぁ幽々子の事なんですけど。
…死んでません。
別の言い方をすれば妖怪の中の『亡霊』と呼ばれている種族、といった所でしょうか。
そのため、原作とは違い幽霊は死んだ者が必ずしもなるという訳ではありません。

巫女の力が他者へ渡るのは互いの意志で継承を行った場合と、巫女が亡くなった場合に大別されます。
ザトラが挙げた例を下っていけば
琥珀→翡翠→レミリア→フラン→アリスとなっていく感じでしょうね。

そして…まぁ、感付いてた方も多かったかもしれませんが、比那名居は元々巫女ではありません。
アマラ博麗にいたとき、人修羅が名居について聞いたのもザトラと同じ違和感を覚えたからです。


シーン4:比那名居の罪
ここでの補足は、『呪い』と言えるようになった巫女の力を奪うと何故死ぬ可能性があるかについて。
これは単純に、呪いとなった力は比那名居の巫女と一体化するような状態になってしまったため、無理に引き剥がすと生命力もごっそり持っていかれる、という感じです。

ていうか天子ちゃん、良い子過ぎて涙出てくるわ…。
最後に案の定鈿女ったけど。

ぶっちゃけここまで来ると補足するような事は大体本編で語ってますね。
この後で明かすような事を余計に書きそうな感じもするので、今回はここまで。
段々支離滅裂になってきましたね、記事が。
ストーリーもかもしれないですけど…w

どうしても巫女や幻想郷関連のネタバレになると東方勢の力が強いので、なるべく早めに戦国勢の活躍場所までもって行きたい所です。

それでは。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

まずはお礼から。

>ETLANZさんあたりを調べると幸せになれるかも!w
幸せになれました(*´∀`*)

ネット通販でとりあえずEtlanzのBattel climaXだけ購入しました。
(理由は一番求めていたのが「FIRE TRIPPER」だったため。)
でも、アレから使われている曲、かなり多くないですか?w
今回の動画でもダブドラとか使ってたし・・・w
とりあえず急ぎで1つ買いましたが、今度秋葉原行って、他にもないか調べたいと思いますw
(なければネット通販でまだいくつか買う予定。)
教えていただき、ありがとうございますm(_ _)m

ちなみに前回の私のコメでミンサガのサントラだけは持っていたのですが
理由が

1:ヴぁーんさんをニコ動で知った。
2:その時のBGMを調べた。
3:「熱情の律動」に行きついた。
4:その曲の為だけにミンサガのサントラを購入した。

だったりします^^;
なんでデス様戦の曲とかぜーんぜん聞かずに奥底にしまっていたわけです。
もったいないことしてたなぁ・・・(´∀`;)

Re: No title

> エストさん
どういたしましてw
あそこから使ってる曲は多いですねぇ。
というかアレンジ曲は半分ぐらいはそこからかと思われます。
良いアレンジばかりなので是非他のも聴いてみてくださいなw

サガ系列は熱い曲が多いのでいいですね。
バトルだけでなく、よく動画でも使ってる町系の曲も重宝してます。
まぁ、ゲームのサントラってやっぱりプレイしたものに目がいくので偏りはできますねー。
ではでは。
プロフィール

みすと 

Author:みすと 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR