FC2ブログ

宝石少女41話、できました

本当、ゲームを買うお金はあるけどやる時間が無くて保留中なのが多いなぁと思う今日この頃な中、こんにちは。
まぁ、半分以上動画作成のせいだとは思うんですけどね…w
何このコストパフォーマンスって感じです。
因みにPXZはまだ買ってないです、Gジェネ終わってないので。
3DSだと他にロストヒーローズもやってみたいんですよねー。
ヒーロー戦記とかそういう系が結構好きなので…というか基本的にクロスオーバーが好きなんだなとしみじみ。
クロスオーバーのお祭系とオリジナルでキャラ作成できたりするのが好きなようです。
玉神楽もぽちぽちやってますけど、霊夢も加入してくれました。
レミリア、霊夢、ルナサ、サニー、依姫、朱鷺子がメインPTです。
でも昨日、キャーイクサーンが出たのでメインに入れようと画策中。

とまぁ近況はさておき、最新をぺったんこ。


ここ数話に比べるとちょいと時間が短めでしょうか、っていうかここ数話が長すぎたんだな!
ラスト部分で一区切りしない方がよかったかなぁと作ってから思いました。
いやあ、長かった。
シーン1:ジェダとブレイド
ようやくミラが与えた効力も切れたようでブレイドさん復帰。
人数が多いと途中からどうしても空気が出るね!がんばれブレイドさん!
ここは短いのもあって特に語る事もなく。
強いていうなればジェダとブレイドって結構信頼関係築いてそうだなってトコぐらいでしょうかw
最後に言ってる隠し玉はハーミルのことです、あしからず。

シーン2:ハーミルの力について
場面変わって前回のラスト、ハーミルVSヴァルドールの後から。
曲から言ってハーミルの力もミラと同じ属性を示唆してますが、これは概ねその通りと言っていいです。
ヴァルドールの真化の魔術構成に対して『戻れない』という旨の制約を追加した形になります。
ミラと同じ属性ではありますが、得手不得手は個人差があるので結構変わってきたりも…?
因みにお披露目されるかは分かりませんが、ハーミルは凄く得意なルール付与があります。

また、ここでのヴァルドールに対するハーミルの各台詞への解説ですが、
現在の状況は『誰か』が『魔力』をばら撒いた事によって発生した事象です。
(その『誰か』はまぁ、どこかでにこにこ笑ってそうですけど)
ゲゼルシャフト編でもカルマの気配をイシュタルが追っていたりしましたし、
『渡し人』も何らかの目的の上で『魔力』を集めて保管していたという事になります。
鈿女さんは必要になるかどうかはまだ分からない的な事を言っていましたが。
『魔力』とここでは表現してますが、ハーミルの言やナイア達の存在から、『カミサマ』一人一人である事も示唆されてますね。

しかしヴァルドールさん、もう完全いっちゃってるな…w
今後、これを越える外道はいるのか否か。
ペル子とかもかなり外道な所業してましたけど、そこから芯を無くしたのがヴァルドールって感じでしょうかね。

で、今回の戦闘パート…というか憂さ晴らしパートに入る訳で…。

バトルパート:嘲符『バカジャネーノ』
先に言っておくと、ここでのバトルは補正切りをしてヴァルドールのATKを少し下げたぐらいで他は弄ってません。
タッグ戦とはいえ、ここでまぼこられるとは…w
翡翠ちゃんとハーミルの主従コンビは有り得ない位つなぎますね…。
レミアリ親友タッグは前回での負けから一転して圧倒。
人修羅&ガロンもサクッっとやっちゃいましたね。
一番楽勝だったのが翡翠ちゃんタッグでしたけど…w
自分で作りながら、アリスのバカジャネーノ後のゴゴゴゴ…の効果音に吹いたのは内緒。

レイレイ戦がないのはタッグを組む相手がいない+パチェさんに魔力を提供しているからです。
パッチェさん相変わらずツンですね。
ラストのロイヤルフレアは初めてMUGEN画面中に台詞を入れてみました。
案外出来るもんだなぁと思いつつ、これぐらいならちょくちょくやってもいいような気も。
只、この会話形式をメインにするとちょっと大変そうかなぁと思ったりもw
やっぱり紙クリで作るのは楽です。
尚、ロイフレ時の台詞挿入は動画編集ソフトです。

そして、ここまで来て前回のレミリアとジェダの取引が成立します。
取引内容は『邪魔をしない代わりにヴァルドールを瀕死へ追い込む事』。
最も、死んだら死んだで仕方ないと済ませるかもしれませんけど。
ジェダのこの技を見て、やっぱこういうのはこう使わないとね!って思ったが故です。
結構ジェダも悪魔使い側になれるよなぁと思いつつ。
ジェダがこのような手に出たのはストーリー中でも言ってますがまた繰り返す可能性が高いため。
それに、力に魅入られたものならば、もしレミリアらに勝利したとしても大人しく自身に従う可能性が低いため。
戦って平伏させる必要があるのならば他人にそれを任せようという公算です。

自身が散々使い潰し、粗末にしてきた使い魔に成り下がる、プライドの高そうなヴァルドールへの罰としては効果が高いのではないでしょうか。
で、パチェとの決別も終わり、これにてレミリア奪還は終了といった所でしょうか。
ジェダとパチェもそこそこ信頼関係あったよなぁ…残念です。

ザトラも合流し、ピクシーに説教してますけど…多分常日頃から馬鹿ピクって言ってたのかもしれない。
因みにレミリアの姿を借りる前、ピクシーに語りかけるのを拒否ったのは知り合いだからという理由です。


シーン3:2828準備
基本的に今回の戦いのまとめですが、一番怖いのはやはりネスツでしょうね。
今回での戦力低下は無いですし、何よりアルティの存在と契約しているという事実が明るみに出た事が重要でしょうか。
幸い、ジェダ軍と本格バトルとはなりそうにないですが…。
ランセレ次第ではあの場にシャドルーが代わりにいたかもなぁと考えると…ベガ乙。
でも豪鬼と会わなかったからよかったのか…!?
ランセレ次第の分岐を考えていたものを一部暴露すると、
現状のリュウポジションに暴走レオナが来ていたもしくは両方いた可能性もありました。
また、リュウの瞬獄をヴァルドールが喰らってそこから真化するとかも。
あと、これがある意味酷い、サラシナだけでなく鈿女も乱入。
こう考えるとランセレはまだマシだったのか…?いや、そんなはずはなかった。


ネスツの動きは怖いですが、それはそれとして…2828パートの足音が凄いですね!
レミフラといい、コハミラといいもう…。
実戦力もですが、2828的にもかなりの破壊力を持ってますね、紅魔館勢。
これにパッチェさんが加わるんだぜ…あぁもう酷いわ。
で、ようやくアルティが元の姿へ戻るフラグが立った様な気がします。

因みに、レイレイがレミリアと話をしていたのは天子のことについてです。
会ったら元気そうだと伝えておくみたいなレベルですね。


ラスト:やっぱり来ますよね、そうですよね。
はい、ラストにやって参りました鈿女さん。
人修羅にまだ姿を見せない徹底さが素敵です。
リュウの殺意の波動のように、次の狙いはレオナの『オロチ』。
しかも今回は暴走させるなどではなく抜き取る事が目的みたいです。
主人公側にはザトラもいますし、レミリア奪還戦が終わってここから『世界』の根幹に繋がる話が続々と出てくる事でしょう。

次回は2828多目になるのか、果たしてバトルパートはあるのか。
むしろ今回はバトルっていうかふるぼっこパートだったぞ!
何はともあれ次回!
作ってる方もようやく溜めてきたネタバレが色々出来そうで楽しさが増してきました。

そんな訳で今日も玉神楽やってキマス。
しかしSレミリアの攻撃範囲狭いな!ドット可愛いけど!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

この動画、最初から見てますが、その中でちょっと疑問に思ったことが一点。
前に幽々子様が言ってた、巫女の相関関係についてです。
戦国世界っぽいところ(今、天子やダンテらがいる所)では、
幽々子様<>ナコルル
だったわけじゃないですか。
それでちょっと思ったのが・・・
・今アルティ達がいる世界の場合、天子<>モリガン??
・えろ世界の場合、早苗<>いったい誰?????
この2世界は、もう既出なんで、ちょっとどうなってるのか気になったんですよね・・・?
さすがに今回の2828タイムとかにするようなコメントではなかったんで、こっちに書きました。
失礼m(_ _)m

No title

かわいいのはDレミ
異論は認める

Re: No title

> 通りすがりさん
毎度のご視聴有難うございます。
その疑問点は今後の動画内でちゃんと明らかになるのでご心配なく。
とりあえず今ここでお答えできる事は、各世界側の巫女は結界に対して何か干渉できる訳ではありません。
ただその場所を守護してる者達という事になります。
勿論、物語中の異変が起きるまでは幽々子様もナコルルとの面識は一切ありませんでした。
結構重要な事柄ですが、今しばらくお待ち下さいね!

> 匿名さん
カリスマガードですね、わかります。
うー、っていう書き文字も欲しい気がしますね、あれw
プロフィール

みすと 

Author:みすと 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR