FC2ブログ

宝石少女30話、できました。

今ぐらいの時期がすごしやすくていいですね、こういう時期はすぐに過ぎ去るから辛いですが。

さて、最新話の前にお知らせ。
アルティのAIを更新しました。
やはりというか宝石少女での使用がメインで考えているので色々至らない部分はありますが。
大幅な変更点は以下の通り
・ファトゥムの個別有無を設定可能に。
・ラウンド開始時にファトゥムを自動射出するスイッチを追加。
宝石でも何回か出てますが、ファトゥム3個だったり1個だったりにできます。
また、結構隙のでかい射出時を無くす用に勝手に動き出すスイッチも。
このスイッチもナイアさんやおぜうが勝手に動き出す感じにしたかったのもあって実装しました。
人操作をさっぱり考えていない状態となってるので色々と不具合も出るやもしれません。
直せる所は直したいとは思いますが。

中身が結構がらっと変わった改変パッチみたいな位置づけです。
AIの強さ的には、下手すると以前より弱体化してるかもしれません。
旧AIも残したままにしているのでお好きな方をどうぞ。
え、何でこのタイミングで更新かって?
その内分かるんじゃないでしょうか。

では最新話をぺたんこ。



今回は会話メイン。
現状、主人公組にやる事がなくてかなり空気気味ですが…もうすぐでかいイベントもあるでしょうし、それまで待ってください…w
・桜花&カルマVSイズコ&グリゼラ
疲労の問題から、ここは順当?に桜花の勝利。
流石に出て1話で退場はありませんでした。
ターミナルの側で戦うとこうなるというお手本です。

ここで桜花と美鈴が帰還し、狼牙へ報告という流れに。
久那妓、煉、ロックは引き続き調査。
舞台としては天子ちゃん達がいる辺りになるので、いつ合流できるかという所ですね。

また、桜花がちょろっと疑問に思う点があったようですがはてさて?

・ぱっちぇさん…
二日後、ぱっちぇさんがどんどんキャラ崩壊してきた件について。
妄想部分はテンプレ…書いてるこっちのダメージもでかかったですけどw
で、コメントでもある程度予想はされてましたけど、
ぱっちぇさんの契約形式は相手の名前を奪って従わせる、魔術師としてはよくある?形のものです。
小悪魔はもとより、ソウルビー、ビッグフットも個体名を呼んでいなかったのはそういう理由です。
レイレイにしても、キョンシーと言った場面もありましたし。

シリアスはブレイクさせるけど、ぱっちぇさん、何だかんだいっても優秀やねんで…
あれはな…ちゃうねん。

話は変わりまして、ちょっとしたレミリアの過去話と序盤で張っていた伏線の微回収。
まず、懐中時計は400年ほど前…おぜう100歳ぐらいの頃のもの。
昔の従者の持ち物とそっくりのようですが…。
で、レミフラ姉妹の原作設定が完全に消えた訳ではありません。
最も、現在に至るまでの流れがかなり変わってるわけですが。
レミリアに足りない何か、は以前のステータス画面自体が伏線になってたりします。
美鈴には『気を使う程度の能力』があるにも関わらず、おぜうにはアレが記載されていなかったりで。

・もう一人の吸血鬼(恐らくフラン)を閉じ込めていた。
・何かしらの原因で人間に敗北し、逃走後200年睡眠。
と、ここで分かるとおり、実際の活動時間としてはおぜうって実は…?
この過去話、その内過去編で2話ほどやるかもしれませんのでこんな所で。


・ナイア&ミラ
いつしか仲良くなってる風なお二人。
いつも主とのタッグ状態なのでこう『カミサマ』同士の掛け合いってそう多くないような。
まだミラの能力が判明してないですが、既に本編で一端を披露してたりはします。
曲が違う事といい、何かあるのでしょうが。

アルティは相変わらずちっちゃいお姿で、かなり空気気味になっちゃってますね…。
ネスツと主人公組が関わらないと中々…w
パッチェさんパートで侵攻予定を変えるだの何だの話があったので、紅魔館組ももうすぐ大舞台となりそうですが。


・アマラ博麗
ある意味今回のメイン。
この辺りのネタバレって主人公組の進退にも関わるので、予想はついていても中々明かせないのがもどかしかったり。
最も、紅魔館組がもうすぐ上がるであろう大舞台で一気にネタバレがあるかもしれませんが。
シュマちゃんといい、パチェさんといい敵にも癒しが生まれてきた感。

ここで博麗神社の設定ですが、
もう少し詳細を説明すると世界が異変を認めたのは10年前のサウスタウン幻想入りよりも前だったりします。
世界が、というだけで巫女達は異変は目に見えるものぐらいしか分かってません。

そして遂に登場のアマラ博麗の巫女ですが…やみこちゃんです。
曲は『永遠の巫女』
イシュタルやシュマとも面識があるようで、どんどんと過去の予想がつくようなネタバレが進んでますね。
その内人修羅方面でも大きなネタバレがあるでしょうが…大体バレてて暗黙の了解になってる気がする。
登場人物、でいうとバレてはないんでしょうけど視聴者さんには色々バレバレでしょうねw

流石に全画面を網羅するタッグは少々というか結構きついですが、貫禄のやみこさん。
因みに少しステータスは補正入ってます。
また、イシュタルの挑発LVは0なので挑発は完全に封印。
こういうときなので彼女もマジメです。

で、戦闘後に彼女の本名とイシュタルの本当の目的がちらっと。
博麗の巫女の名は靈夢。
旧作の漢字を使用しているのは博麗霊夢と差別化するためなので、霊夢は霊夢で…?
幾つか名前考えたんですけど、これがやっぱりしっくりくるかな!と思いました。
イシュタルは靈夢が決めた何かに対して納得がいっていない様子。
流れからして、この方達って完全に悪人というわけではないのかもしれませんね。

大本というか思想云々の流れとしてはメガテンを意識しているので勧善懲悪ではないですし…。
以前の天子達の考え方など、多くのキャラの考えが支持される思想の一つである、というのを目指してたりします。

と、今回はこの辺りでしょうか。
ネタバレ回とあって大体会話でばらしてくれるのであまり語る事は…。
次回から再度紅魔館組がメインになる予定ですので活躍を期待されている方は今しばらくお待ちを。

それでは。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすと 

Author:みすと 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR