FC2ブログ

宝石少女19話、完成しました

間に外伝が一度挟まったので久々になる本編です。
前回でペル子戦が終わり、今回はムラクモ戦となりましたが…。
やっべぇ、ナイアさんがボケる暇もないぐらいシリアス&バトル回やで…。
きっとこの反動はどこかで爆発するんでしょう。

まずは最新話をぺたり。




キリのいい所まで!という事で長くなってしまいました。
なるべく1話17~20分ぐらいに収めたい気持ちはあるのですが。
むしろ今回はバトルが多過ぎたのもあるんでしょうけど。
どこかで半々に切ればよかったとちょっと後悔。

1話30分越えのストーリーとかちらほらありますけど、何でそうなるのかちょっと分かる気がしました。

では、以下折りたたみ。
シーン1:ムラクモ邂逅
もうここまで来たら前哨戦無しでいきなりムラクモと対峙してもいいよね!って事で即登場。
他、少数のMOBキャラ達が周りで小競り合い続けてるイメージ。
どうでもいい事ですが、セブドラでムラクモ機関と聞くとこの人が真っ先に思い浮かんでしまいます。
ダカダカ機関ですね、分かります。
お付きにいつも通り闇のアギトさん。
何だかんだでずっとムラクモについてきてるようですが…。
こちらもペル子と赤口のように多少は考えてはいますが、本編で語る事はないような…。
ご想像にお任せします、ということで。

そして序盤から引っ張っていた伏線回収という事で、ムラクモの所持悪魔『天魔』登場です。
天狗の頭領にして現在行方不明者となっていた彼女。
これまでの流れを見て頂ければ何故彼女がムラクモの所持悪魔になっているかは分かるかと思われます。

バトル1:レミリア&アカツキVS天魔
天魔さんは勿論というか1Pカラーです。
この状態でこの組み合わせだと天魔に攻めさせる事なく撃破も可能です。
というかやっぱり2対1だもんね!
序盤は一気に攻めた二人ですが、途中からペースを奪われ決められてしまいました。

この天魔の状態としては、今までの美鈴や椛よりも強力な呪縛となります。
アドラーが使用していた大地神、大地人と同じように意思無く命令に従うだけの状態といいましょうか。
何故そうなっているのか、については支配されている期間も勿論あるのですが…。
ムラクモの天魔入手経路に何か関係があるやもしれません。

バトル2,3:ナイアVS天魔
ナイアさん登場&バトル。
カルマさんに続き、ここで初めてナイアさんも自身の力を使用します。
『ルールを破る程度の能力』とでも書けばいいのでしょうか。
一応、先程のVSレミツキ時よりも下方調整は入っています。
最も、だから何だといった感じで1戦目は負けましたが。
2戦目は一応勝利するも彼女個人の地力のおかげで平気な状態。

ここで早くもナイアさん、カルマさんの能力の弱点となります。
特殊な能力を持った赤口や悪魔使いにとっては絶大な威力を発揮する能力も、単純に強い敵には何の意味もない事。
これは後々、響いてきそうではあります。



シーン2:アギトマジ頑張れ
場面は変わってレミ鈴コンビVSアギト。
何だか当初の予定よりもアギトが凄くいいヤツというか義理堅いヤツになってる気がします。
口の悪さ等は変わりませんが。
ペル子戦、アドラー戦もそうでしたが、現状だと味方の所謂顔キャラに対して敵のソレが少ないんですよね。
よって必然的に相手をする数が多くなっている気がします。

バトル4:レミ鈴VSアギト
まさかの大善戦。
というかロック技優秀ですね!
当たり前ですが、アギトがここまで善戦するのはほぼないです。
大体ふるぬっこにされてしまいます(つд・)ほろり。

これで倒れても立ち上がろうとするアギトマジ男前。
どっちが悪役か分かりゃしねぇ!!
こういう状態を『ロックインストール』とでも呼びましょうk
そういえばロック何してるんだろ。
で、ここでレミリアが気になる一言を発していますが…。
その真意は不明です。


シーン3:アカツキVSムラクモ
アカツキでやれ。
と言われる対峙。
アドラーはナイアさん、ペル子は狼牙に持っていかれましたし…でもそこまで譲ったんだからここはアカツキでしょう。
これまで登場している味方キャラの中では一番縁が深いはずのアカツキでVSムラクモです。
前のターニングポイントでアカツキが負傷してなくて本当に良かった…!
下手したらここで狼牙軍団のメインがいない可能性もありましたしね…。

バトル5:アカツキVSムラクモ
ゲージMAXスタート、そして今回の肝というか一番時間かかったバトル。
ムラクモが八紘一宇を入れれば即座にアカツキも電光機関を解放して神風。
この一連の流れが凄い気にいってたりします。
理想としては八紘一宇→神風→菊一文字→桜花でKOという流れではあったんですけどそううまくはいきませんでした。
八紘一宇→神風→八紘一宇→桜花でもいいじゃない。
アカツキやムラクモのカットインも入るのでここではズームは自重しました。

シーン4:ムラクモ撃破、そして伝説へ(違
ムラクモは撃破したものの、天魔との契約形態が美鈴や椛等とは違う事もあり、天魔は止まらないとの示唆をするムラクモ。
アカツキにしても、転生の件もある為迂闊に手を下すわけにもいかず。
既にペル子は死亡、アドラーは行方不明、そしてムラクモまでとなると結局詳しい情報はゼロ。
それは避けたい狼牙軍団としては難しい所ですが…。
ここで案の定?乱入してくる影が。
『最悪のタイミングで横合いから殴りつける』←これ重要
そして、その乱入と共にこれまで猛威を奮っていた天魔が倒れます。
この辺りの描写は少々省いていますが、ナイアさんと戦っていた天魔が糸の切れた人形のようにばったりと落ちる形ですね。
不完全燃焼、とも言えるかもしれませんがナイアさんが言うにはムラクモとの契約が切れた様子。
となると乱入によりムラクモが殺された、という考えをするのが一般的ですが…?

シーン5:皆のアイドル?腐れ外道再登場
何でコイツこんなにしぶといんだ、というぐらいしぶとい外道さんまた登場です。
何気に2話から出てるんだけど!?
結構いい役貰ってるよね!?
とまぁ、外道さんの意外な扱いはおいといて。
一応ムラクモは生存している様子。
しかしこのアギト、マジでいい奴かもしれん。
ここでアギトが発した幾つかの台詞ですが、額面通りに受け取って問題ありません。
何故かはその内明かす事になるでしょう。というか前回を見る限り…。

バトル6:アギトVS外道
率先して突撃するアギトさんマジ男前
株が急上昇してんじゃないでしょうか。
流石のBBB、タイマンならお手の物ですが…外道さんの火力もえげつない。
いつもは三下と言われる側なイメージのアギトですが、きっちりここでは敵将やってますね。

アギトに負けつつもやはりまだ死なない外道さん。
こう、見るからにタフな相手は別に『ロックインストール』はされてないような。
タフさが売りの外道さん、予想していた方もいるかもしれませんがここで『所持悪魔』を展開。

バトル7:アカツキ&アギトVS大地神&大地人
バトル8:レミ鈴VS大地神&大地人
アドラーの所持していた悪魔二匹が再登場。
これで前回のアドラーを含め、ある程度情報は繋がったんじゃないでしょうか。
アドラー撤退→外道さんマジ外道のコンボ。
勿論、普通の悪魔は明らかに格上の魔神などを従わせる事は出来ません。
だから普通に考えれば悪魔使いでも何でもない上に一介の外道悪魔の外道さんがこの二匹を使えるわけもなく。
それでも扱い、しかも傷の治癒まで行っている現実。
と、ここでアルティ&ナイアさんも到着です。
先の天魔戦でナイアに供給した分、アルティには疲労が溜まっている為に無理な戦闘はできず。
二度目となるナイアVS外道のバトルです。

バトル9:ナイアVS外道
相変わらずあの投げ強いなぁ、と思う1戦でした。
三回投げられたら終わるんですけど…。
一発キャラにも程があるでしょうに…ナイアさんとの相性も良くないのかもしれません。

山場二つ目?な感じになります。
大地神、大地人の両悪魔を使う事もそうですが、戦闘前にアルティが言った事も結構重要でした。
彼女の言葉通り、途中から外道さんの口調が変わったりしてます。
そしてまさかのフォームチェンジ
やった! くされげどう が こんごう にしんかした!(ポケ〇ン風に)
何気に外道さんを起用した時からこうする事は決めてました。
軸として絡む中で原作準拠寄りなキャラもいれば、外道さんのようにオリジナル寄りなキャラもいます。
各作品の本筋に関わってくるようなキャラは原作準拠寄り、応用が効くキャラはこういったオリジナル寄りに今後もなっていくと思います。
くされげどう+こんごう=腐れ金剛、となりそうで何か嫌だな…w

この一連の流れでナイアさんがほぼ確信を得ますが、これは彼女の思った通りです。
ナイア、カルマ共に契約を交わしたばかりの初戦闘で腐れ外道と戦いました。
双方ともに契約仕立て&主がピンチという事で力の制御も不安定な状態。
この状態で腐れ外道と戦った事で彼女等の力の一部が腐れ外道に流れ込み、あろう事かソレを自身の物として取り込んだ、という形になります。
多分全部腐れ外道の執念によるもの。
両者と最初に戦ったのが別のキャラならばまずそういうイレギュラーな事態にはならなかったでしょう。

と、何かメインキャラになるんじゃね!?な勢いの金剛さん初戦闘
バトル10:ナイアVS腐れ金剛(何か凄い言いやすくて定着しそう)
善戦はするものの、金剛さんのパワーの前に撃沈。
小ネタですが、アドラーと屠った際の唸り声や攻撃音は金剛のものになってます。
因みに会話パートだとムラクモ撃破から今回のラストまでが凄く難産だったりしました。

結構負け頻度が高くなってきたナイアさんですが、ここでアルティが乱入。
とは言え、天魔戦でナイアの補助をしていた疲労が回復しているわけではありません。
が…ここでナイアの意思とは関係なくファトゥムに強制帰還。
同じくレミリアも強制帰還となります。
このファトゥムの動作は彼女らの意思ではなく、アルティの意思に反応して動いています。
今まではナイア、レミリアが勝手に動かしていましたが、1話の初戦闘以来の使い手の意思による行動。
そして金剛さんの反応は至極当然というか…。
普通ファトゥムの中に何かいるとは思わないわ…。

ここ、がっつり対戦入れようとも思ったんですが、只でさえ今回多いしということでワンカットの必殺技を披露。
ストーリー上、今までならナイアとレミリアが個々に判断して攻撃を行っていましたがこれは全てアルティの意思による攻撃となります。

が、元がタフな金剛さん、これでも倒れる気配はありません。
対するアルティは今の一発でガス欠状態の模様です…が。

今回のラストバトル:ナイアVS金剛
アルティ、レミリアから力を貰ったナイアさんがようやく…本当ようやく進化しました。
これまでは結構古い旧版のナイアさんでしたがこの戦闘より技も追加された最新版のナイアさんになります。
こういうパワーアップイベントをやりたかったがために今まで旧版やったんや…!
超必にカットイン入りつつ、新技も披露しつつ金剛撃破。

トドメを刺そうとするナイアさんですが、どこまでもタフな腐れ金剛さん。
生とアルティ達への執着によって一矢報いようとしますが…!?

と、いう所で今回は終了です。

この後の展開が何となく読めるであろう終わり方かもしれませんね。
ナイアさんがアルティに対して感じた事や、ゲゼルシャフトがどうなったか等、まだ色々現段階でも謎は多いですが…。
次回に続きます。

でも多分先に外伝が挟まれると思いますが。
それでは、今回はこの辺で。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ばかな・・・ナイアさんが居てシリアスだと・・・!?

というわけで今回も面白く見させていただきました~。

なんか違和感があると思ったらナイアさん旧版だったのですねw

シルヴィの方も無事続投可能なようでよかったです。

強奪戦とも合わせて楽しみに待っておりまする~。

No title

宝石少女19話うぽつですー!&シルヴィ続投おめでとうです!

外道がみんなのアイドル(?)だと・・・?キャーゲドウチャーン。
最初はありきたりな中ボス的存在かと思ってた外道がまさかの大躍進ですね。

アカツキさんマジかっけぇっす。
強奪戦や他の方の動画を見る限り、アカツキ、ムラクモ共にとてもいい動きをするのでどちらも好きなんですよねー。
アカツキもムラクモもよくがんばった。

後はちょっとした雑談なんですが、先日ノートPCを新しく買いますた。せっかくなのでMUGENが動くか試しに導入。
少し設定を変えて東方勢をちょこっと登録して起動してみたら意外とスムーズに動いてくれて感激しました。
MUGEN動画うpされてる方はほとんどが高スペックなんじゃないかと思ってたのでw

これからは気になるキャラなんかを自分のPCで動作してみようかなーと思ってます。
すでに公開停止されているキャラは残念ですが・・・

強奪戦、ストーリー共に次回のうpを楽しみにしておりますー。
それではー。

Re: No title

>ばかな・・・ナイアさんが居てシリアスだと・・・!?
ナイアさんはいつも通りな感じでしたけどね!
タグはどうも相変わらずみたいでして安心したというか残念というかw
宝石少女開始してそう経たない内にナイアさん、カットインついたり新技ついたりしたんですよね。
すぐに変えようとも思ったんですが、どうせならパワーアップみたいな感じにしようと思ってとっときました。
更新で仕様が変わったようなキャラはその使い分けをしてみたいなぁと思ってます。

>yokkoさん
外道がこんなに出張るとは思ってなかった…というわけでも実はなかったりします。
外道さんをチョイスしたのは結構偶然的なところもあるんですけど、こうパワーアップを繰り返して主人公の
前に立ちふさがるって結構好きなんですよね。
MUGEN自体はそうスペック高くなくても大丈夫ですね。
MUGENが、というよりやっぱり動画撮影になると…という感じでしょうか。
といっても、最近のPCなら撮影も大体問題ないでしょうけど。
動画撮影、編集全般ですが、一番怖いのはHDDでしょうねw
かなり酷使されるので…バックアップは大事です。
今後とも宜しくお願いします~。

プロフィール

みすと 

Author:みすと 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR