FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝石少女106話できました。

4月ですね4月、新年度って奴ですね、こんにちは。
今年度中にちゃんと完結できるのだろうかとしみじみと思います。

それはそうと、第三次スパロボ天獄編出ましたね。
本編はまだ1話ですが、ダウンロードの方の連獄編はクリアしました。
Zシリーズ主人公組はいいですね、はい。
本編は多分まただらだら進行になると思うのでクリアできるのはいつになるのやら。
動画作成もあるしね!

あと、またアニメをいくつか録画予約してみたんですけど、レーカン!いいですね。
なんていうか凄く癒されました。
ゆるーい日常系もいいものです。

とりあえず新作ぺったんこ

大体日常ですが一部真面目。
今回は見たまんまで、特に語る事もないので多分短めでさっくりと。
シーン1:ロック受難その1
まずはロックのスニーキング(自室までの)…ですが始まった途端見つかってしまっております。
もうこの時点で真面目な話になれないですが、案の定遊んでみました。
一応捕捉しておきますと、このレミフラに絡まれてるシーンは桜花の告白と同日の出来事です。
散々色んな方面から弄られて、誰にも見つからないように部屋に帰ろうとしたところを鉢合わせです、はい。

しかし、桜花という存在が生まれてなければこの展開には絶対にならなかったなあと…。
あと名雪も大会での大暴れがなかったら、ここまでピックアップされなかったような。
そう考えると翡翠は二人にポジションを取られたとも考えられますね。
まあ、翡翠は翡翠でおかーさまラヴだからいいのか…。

そして、妻や愛人の話ですけど…狼牙は言わずもがな政宗も君主として複数相手がいても問題ない身分だし…。
これは『世界』によって色々割れそうではありますねw


シーン2:悶々とする名雪とぶれない桜花
少し場面が変わって意識せざるを得ない状況になった名雪ちゃん。
一人でベッドでごろごろしながら悶々と考えております。
そこに乱入する翡翠…という構図ですが、対応の違いが如実ですね。
桜花の宣言を受けて、僅かにあったかもしれないけど完全に引いた翡翠と悩みつつ向き合う名雪。
実際、翡翠も有りといえば有りといっているように、本質的には全然有りです。
これは上にも書いてる通り、桜花と名雪にポジション取られた形になりますね。
序盤でぽろっと出てきたメイドに刺される云々は琥珀さんではなく翡翠の事でもありました。
一応、流れによっては翡翠が少し嫉妬する場面も考えてあったり…まあ、結局お蔵入りとなってますけども。
レミリアと良好な親子関係もあり、ハーミルっていう隣人もいるので寂しくは全然ないでしょうけれど。

で、桜花の方ですが狼牙への相談事が『そういうこと』までカルマの考えが及んでなかった訳で。
というか、そういう事を相談したとしても、まさかあんな公衆の面前で告白するとは思わなかった訳で。
カルマがストップかけた時より酷い状況である。
とばっちりを受けた咲夜さんはご愁傷様です。
眩しすぎてさっきゅん逃げちゃったよ。

それはそうと、桜花本人はどんどん危ないフラグも立っていますが…どうなる事やら。
こっちのサブイベントもそろそろ大詰めですね、はい。


シーン3:ディズィーとカイくん
場面が変わりましたが、ここでは日が経っています。
桜花告白時と同日ではないです。

こちらはこちらでロマンス進行中です。
この段階で挟み込まれるイベントなので描写は多くないですが、関係としては原作で知り合ってちょっとしたぐらいといった位置づけのつもりです。
桜花の直球っぷりに何やら触発されてるようですが…。
ギアと人間の関係云々ですが、今後の決戦の最中とかしか語る時間がないので、どこまで明るみに出せるか…w
下手をすると、凄く強い敵という印象だけで終わってしまうかもしれないですね。
そうならないように設定を吐き出せる時は逃さないよう気をつけないといけませんね。

そして霊夢の勘という特大で嫌すぎるフラグも立った件。


シーン4:編成中
そのまんま…すぎて何もないです…。
編成については現在思考中なので、次の話にはちゃんと形にしておかないといけませんね。
多分基本的に5人ぐらいで一組になると思われます。
フランをはじめとした原作紅魔組で組めるんですよね、たのしみ。


シーン5:ロックの受難その2
サブイベントのせいで完全に色んな方面での主人公をしているロックくん。
彼、スポット当たってないときはホントに何もしてないのに、当たると大活躍するな…色んな意味で。
ここで名雪の半告白イベント…この子も結局色んな人が通りそうな所でしちゃったよ!
フランに見られたよ!
因みにフランはニコニコしながらムーンウォークで去っていきました。
このロックの決断シーンは多分描かれませんが…今後の編成や会話でどうなったか、そこはかとなく察する事ができるかもしれませんね…。


シーン6:鈿女さんマジヒロイン
ヒロインであり、影の主人公とも言っていいかもしれない鈿女さんタイム。
何やら彼女等はずっと探していたようですが…まあ、話の流れからしてアレでしょう。
アレもよくここまで現存してるよな…と思わなくもないです。
このまま空気となって消えていくのか、それともどこかでインパクトを起こすのか果たして。
これについては今後のお話次第でしょうね。
勿論、相手も含めて。


そして、最後の最後はファンサービスみたいなもので、閣下ご登場です。
閣下はあくまでも今回は傍観者で何か手を下しているわけではありません。
ストレンジジャーニーでの閣下のような位置づけになります。
既に真3の事で鈿女達の世界には関与しており、それが一区切りついたために閣下はまた別方面に…みたいな流れでしょうか。
何にしろ、ファンサービス以上の何かがある訳ではないので、今後の活躍も特にはないんじゃないでしょうか。
鈿女との会話は今後ももしかするとあるかもしれないですけれど。

とりあえず鈿女さんスカウトしたら閣下と二人でルキフグスさんの胃をぶち抜いてしまうと思うんだ…。


今回はこんな所にしておきましょう。
いや、もう特に言っておくべきことも(多分)ないですし。
まあ、何かご質問があればそれには回答しますので、そういう事で。

次回からいよいよ始まりそうな予感ですが…果たしてちゃんと始まるのか。
あんまり期待せずに待っていてください(ルール的に)
では、これにて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすと 

Author:みすと 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。