FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝石少女75話できました

日本でもPS4が発売されましたね、性能をフルに使ったゲームって出るんですかねぇ…こんにちは。
新しいハードが出るのはいいんですけど、だから面白いゲームが出るのとはイコールじゃないですし…。
懐古と言われても仕方ないですけど、FFとかムービーがよくなるのはいいんだけど…うーんって個人的に思います。
というかあんまりリアル調じゃなくてちょっとデフォルメしたようなキャラが動き回るのがすきですねー。
あと、3Dでぐりぐり動かれると視点やゲームによっては酔って出来なくなっちゃうので…。
例えばFPS系やスカイリムとかその辺りはまともにプレイできなかったりします。
まあそれはともかくとして…アトラス復活おめでとう、まじでおめでとう。
セガならやってくれると思ってたよ!w
きっちりとアトラスブランドが残ってくれたので今後に期待しております。
あ、でもペルソナはできれば2までの路線に戻して欲しいなとかそんな事を思わなくも…。
3,4も好きは好きなんですけど…
今年のゲーム事情がどうなるのかは分かりませんけど、面白いゲームが出てくれるといいですね。


そんなこんなで新作ぺったんこ。


熱が入るイベントは書いてて楽しいです。
シーン1:TP4ターン目後始末
後に回そうか悩みつつ、途中経過。
さっちんが何気に相当強いです。
そして相変わらずの(?)恨み節は心が壊れ気味になっているのやも。
型月らしいのかもしれませんが…援軍は志貴ではなく秋葉と初登場のペトラさん。

ここでの会話はぽろぽろと別の子達に絡む伏線が幾つか落ちてますね。
秋葉というか遠野周りに。
今回のお話は全体的に『巫淨』って語が飛んでますがはてさて…?
原作で秋葉は琥珀から血を供給してもらって日常生活を送っていましたが、こっちでははぁとにケアしてもらっています。
なので血を吸ってはいませんが、彼女と知り合う前は…という所ですか。
本来のポジションがいない事が何かしらの弊害を持ってきてるのかは…今後?

承太郎達三人と奇しくも集まった路地裏同盟とのバトル結果は如何に…。
うん、シオンとさつきはともかく白レンまで自然と集まっちゃったよ…。


シーン2:TP5ターン目後始末
パッチェさんVSネロ・カオスですね。
ネロは原作通り、はっきり言って出鱈目な能力になってます。
やっぱり型月勢の設定の強力さは半端ないなあと作ってて再認識。
なお、負けバトルの前はパチェさんは普通に怒ってます。
彼女のキャラとしての立ち位置というか設定としては淑女は当然(?)の事として使い魔思いという側めn(ピチューン
とはいえ、ジェダの所にいる時はここまでデレてなかったのでただの冷たい子みたいな振る舞いでしたけども。
良くも悪くもレミリアと会った事で色々と解放されたということでしょうか。
それはともかく、このネロ・カオス…どうやって倒せばいいんですかねぇ…。
志貴さんオナシャス!ってやるのが一番確実なんでしょうけど、目を離したらぽっくり逝きそうだし。
パチェさんの舌戦もありつつ、何とか何事も無く戦闘終了。
これだけ大物とやりあいつつもまだこの『世界』の戦闘が佳境じゃないのが怖い。
でもパッチェさんマジツンデレ。


シーン3:紅魔館
ぶっちゃけ、この『世界』でやるべき事のメインが紅魔館周りに凝縮されているという噂が。
最初は名雪の…ですが、これはほぼ途中経過というだけですね。
毒を変質させたから、残りは毒を回して結果を残す形。
一応断っておきますが、名雪のイベントは紅魔館周りとは大きな関わりはないです。
このイベントが発生するかどうかも分からなかったですから…大会の活躍は偉大だった。
カミサマ勢は相変わらずのノリで安心した。

名雪のシーンから当然の如く流れるようにロックパート。
適当にバトルを撮影して適当に音をつけた筈が、まさかのラウンドごとに音楽が一区切りされてる不具合。
これ、ホントに偶然だったんですけど、ロマサガバトルメドレーが物凄く空気を読んだ流れになってました。
編集してて思わず吹きましたから…。
とりあえずここでは2ラウンドとっており、紅魔館勢で全然勝てるじゃん!みたいな雰囲気にはなっていますが…?
そしてここでまた伏線が足音を立てて近付いてまいりました。
軋間の語った過去の出来事は思い切り月姫原作で秋葉の父がした行為です。
原作では七夜の里を襲撃して皆殺しにし、巫淨の分家筋から琥珀と翡翠を引き取っています。
琥珀、翡翠のその後はまあ原作を…になりますがw
で、語られた出来事を振り返ると両方とも行われた事が予測できますが、原作で引き取られたポジションにいるヒスコハ姉妹はご覧の通りレミリアの元に居ます。
それはつまり…?
紅魔館周りのイベントが凝縮されてるってのはこういう事も含まれている訳で。
まあ、とはいえ琥珀と翡翠は原作ポジションから外れた位置にいるため、そこまで原作チックなイベントが起きるかは……

ってロアさん何してんのぉ!
となってしまいました。
此花、七夜と一緒に忍び込んだもう一人はコイツです。
何故こいつかはここで琥珀と対峙した事が色々と物語ってたりしますね。
原作での因縁は相当なものですから。
因みに七夜が此花についてきた事についても、彼が此花を気に入ってるというだけでなく…?
こっちはこっちで因縁と呼ぶにはちょっとアレですが…。
七夜の件はまた次回に進展があると思うので今はロア。
秋葉や軋間が語った事から、琥珀、翡翠ポジの子は行方不明になり、代わりの『巫淨』が彼女らのポジションについた事が分かります。
その『巫淨』がどんな人だったかはともかくとして、ロアには見覚えがある様子。
そして、それが琥珀によく似た面影という事も。
紅魔館のメイド長って位置をキープしてるヒスコハ姉妹ですが…今後どうなる事やら。
もうこの辺りは長々と解説するよりも後のお話を待っててください!って所です。

なお、消耗させるという発言にミラがぶち切れて敬語も使わなかった模様。
紅魔館組は全体的に消耗してるので侵入者であるロア、七夜にどう対処していくのか…!
おぜうー!おぜうー!はやくかえってきてー!

という所で次回へ続く…!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回はバトル絡めつつすごい伏線バリバリな内容でしたねー、お疲れ様です。
PS4は自分もまだ買う予定ないっすねー。
本来だったら買ってもいいやつがひとつあったんですが、それは去年の12月末に
評価激変しちゃいましたしねぇ・・・;(以前、非公開コメントで語った例のゲーム)

そーいやこの動画があがったちょうど今日、第10回東方人気投票が始まりましたね。
さっき自分も投票してきました。イチ押しは相変わらず阿求でぶれていないですがw
新規キャラがどれだけ健闘するか楽しみですねw

ではでは^^ノシ

Re: No title

>ノエルさん
原作設定的にかなり直球な伏線な気がします!
まあ、ゲーム機は欲しいものがないと…ただでさえ据え置き機に使う時間が少なくなってますので。
人気投票ですかー…こころちゃんがどれだけ健闘するのかが楽しみですね。
因みに動画だとあれだけ活躍してるお嬢様はイチ押しではなかった…!
どうしても妖夢と咲夜の二強になってしまうのです…。

プロフィール

みすと 

Author:みすと 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。