FC2ブログ

宝石少女51話できました。

TPで戦闘多目だからこそペースがいつも通りになってくれました、こんにちは。
動画に割ける時間が以前より短くなってるのでひーこら言いながら作ってますw
そろそろ遅れる遅れる詐欺になりそうな勢い。
信仰戦が終わったら少しは楽になりそうではあるんですけどね。
あっちは@10Partぐらいで終わるとは思うんですけども。

アルティにイントロや勝ち台詞の更新が入ったようですね。
性能他は変わっていないので、一応現状AIで動作する事はします。
追加分のイントロ等が発生しないぐらいですか。
その内対応予定です。
動画2本にAIと中々全部に手が回らないのですよ。

スパロボはゆっくりやっててまだ第1部も終わってないレベルですが、まぁ楽しんでます。
戦国伝勢はとりあえず全員レギュラーで使っていきたいなぁと思ってる次第。
まぁ、そういう話は横においておいて新作ぺったんこ。



今回、一部場面で無双6エンパの動画を挟みたいような欲求にかられましたw
いや、キャラ作ってある程度育ててやPS3のキャプチャとかあるんで見送りましたけど…。
とりあえず解説開始。
まぁ、見たまんまなんでそんなにいう事はないはずですが。
シーン1:ターミナル奪取戦
ここはアレですな、先ず一言。
ギースマジ出てこねーな!!
信仰戦といい、この人どうなってんの…。

あと何気にクサナギが面白いキャラになっていってる気がする。
全然メイン所じゃないし、今ある以上の設定は無いと思われるのに。
そんで、実際の試合といい会話の流れといい、出番が来るとマジ主人公なロック君。
最初期に出てきたキャラは何かとお得ですねw
BBB勢というか久那妓と煉もそうですけど、TP勝利によっていいポジションを勝ち取った気がします。

で、ラストバトルのVS半兵衛&クリザは親父の貫禄ですかねw
因みにこちらの幽々子の『死を操る程度の能力』は即死付与とかチート極まりない能力ではないです。
半兵衛との会話でもちらっと言いましたが、その者の死相が見える程度の能力に落ち着いてます。
とはいえ、殺傷力がないという訳ではないので病気で弱っている人間等は比較的容易に殺す事はできます。
呪殺のようなものですかね。

半兵衛はほぼ原作どおりというか、病気持ちで長くはないです。
クサナギの言ってた事はまぁ、フラグということですねw
何故ネスツ等に言わなかったかは…その内彼が言いそうな気もしますが言わないような気もします。
妖夢が不審に思うぐらい多用していた理由は病気だから、です。

TPラストの兵士は…うん、和ませ要員です。
投コメにも書きましたが、イメージとしては無双系ゲームの難易度『難しい』の一般兵ぐらい。
塵も積もればですが、単体だと到底敵わず無双されるようなレベル。


シーン2:伊達軍VS毛利軍
6VS6のイーブンなTPですが、元就の存在があるせいで絶望的な未来がw
ロック達が失敗していればこの戦力にプラスがあるわけですから敗北必至でしたね。
メンバーに名前が出ていたバルログが入っていませんが、彼は戦場とは別の場所でなにやらしてるという事です。
続々新キャラも出てますが、ここでは先ず武蔵でしょうか。
設定は原作寄りで、一度死んで復活させられています。
その辺りが事後になった際の登場であるため、少しおいてきぼりな感がしないでもないですが。
原作と違うというかクロスしてる点は討ったのが政宗である事、復活させたのが天草である事でしょうか。
…そうなんです、天草いるんです。
サムスピ勢が出てくるなら天草もそりゃ…ね。
因みに政宗が武蔵を討ったのは戦場での事なので、当然といえば当然です。
決して闇討ちとか何だかした訳ではないので悪しからず。
設定が既にその内退場すると語っているような…w

こちらはいきなり覇王丸が負けてしまいました。
その後幻十郎とかギャグですか…仲良く負けてるし。
ダンテと幻十郎も何やら話してはいますが、敵方はどうしても描写が少なくなるのでこういう時に『こういうキャラなんだな』ってイメージをつける必要があるんですよね。
そのせいで展開が冗長になっている感が否めませんがご容赦を。

出来る限り登場キャラは退場するしないに関わらず、ある程度の花は持たせてあげたいと思ってますので。

今回は短いですが語る事はこれぐらいなのでここまで。
何かあればコメントで答えるといった形になります。

ではでは、次回は…時間に追われないといいなぁ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすと 

Author:みすと 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR